賃貸物件の中には敷金や礼金がゼロの物件もありますよ

そもそも敷金や礼金は何に使うお金なの?

賃貸の部屋を借りる時に必要なお金には敷金や礼金と言う費用がありますよね。敷金は部屋を返した時に室内のハウスクリーニングやクロスの張り替えなどの費用で使うお金です。部屋を綺麗に使っていると、これらの費用の節約が出来るため、返金されるケースもあるのです。礼金は部屋を貸してくれる大家さんに対してのお礼のお金で、敷金とは異なり返金される事はありません。これ以外にも不動産会社に支払う仲介手数料などの費用が借りる時には必要です。

初期費用を節約出来ると言う魅力

敷金や礼金は家賃の数か月分と言う金額で決められているのが特徴です。例えば、家賃が10万円の部屋を借りる場合、その物件の敷金と礼金がそれぞれ2か月分と言った場合は、敷金が20万円、礼金が20万の費用が必要になるわけです。物件の中には敷金2ヶ月、礼金1ヶ月と言ったケースもあるので、初期費用を節約したい場合には、敷金や礼金の金額を比較しておくのがお勧めです。浮いたお金を使って家具やカーテンなどの購入費用にも利用出来ますよ。

物件により敷金や礼金の金額は変わります

敷金や礼金は物件により変わるので、賃貸の部屋探しをする時には要チェックです。不動産会社のホームページを利用して賃貸の部屋探しが出来るので利用する人も多いかと思われますが、物件の中には敷金や礼金と言った費用がゼロになっているケースもあります。敷金は退去時の室内クリーニング等で利用するため、ゼロになるケースは少ないのですが、礼金については大家さんの考え方などにより費用がゼロになっている物件もありますよ。

新札幌の賃貸の契約の手順は、仲介業者のシステムに影響を受けることがあるため、納得のゆくまで担当者と交渉をしてみることがコツです。