中古マンションというのはメリットがあります

耐久年数についてのこと

マンションと言うのは基本的には耐用年数が決まっています。これは資産価値としての耐用年数であり、実際に使えるかどうか、ということとは別になります。しかし、大凡、30年程度で大規模な回収をすることが多くなっています。実際には40年以上使えることが多いですが、その間に何回かの小規模な補修とそして、大規模な補修をします。そうすることによって、長く使うことができようになります。中古マンションの場合は築年数から引くことになります。

長く使うことができるかどうか

マンションとは、なかなか長く使える住まいであるといえますが、それでもやはり鉄筋コンクリートにも寿命がありますから、それは理解しておくべきです。耐用年数に関しては、考え方がいくつかありますが、それでもやはり環境によって個体差があります。例えば海沿いなどであれば物凄く早く劣化します。これは海風があるからです。そのような違いも把握しておく必要があります。中古マンションであろうともそれはまったく同じになります。

中古マンションであろうと引越しにおいては

中古マンションであろうと、階層は大事になります。マンションに引越しをするときの注意点としてエレベーターがあるのです。一階であれば問題ないですが、二階以上、特に階数が高ければ高いほどエレベーターが使えるのかどうか、というのは大事になります。はっきりいって、専有に近い状態になってしまうので、よくよく注意することです。それで揉めることもあります。それと窓から運び入れる、ということが戸建ての場合は出来ますが、マンションではこちらも一階でもない限りは難しいです。

新しくマンションを購入するより安い価格で自分のイメージ通りのマンションを手に入れられるリノベーションマンションに注目がされています。