収益に大きく影響!?飲食店の店舗物件選びのコツ

人が集まりやすい立地が飲食店に有利

飲食店の店舗物件選びでは、まず理想的な立地であるかどうか確認しましょう。お客が集まりやすい立地であると、ビジネスに有利な効果が得られます。一方であまり人が集まらない場所を選んでしまうと、飲食店を開業してからの経営に影響が出かねません。駅周辺の店舗物件は立地条件が良いものの、人気が高く物件購入や賃貸費用が高くつきがちです。駅以外にも公共施設や大きな商業施設周りは人が集まりやすく、飲食店が繁盛するでしょう。

調理で必要なインフラが整っているかを確認

飲食店を開くために店舗を探す場合、調理設備が整っているかどうかは重要な点です。厨房を設置するスペースがあり、電気やガス、水道などのインフラが整っていなければなりませんね。これらの設備があらかじめ整っている店舗物件であると、飲食店は開きやすいです。設備が整っておらず新たに工事が必要な場合には工事費用が負担になります。また、飲食店の開業までに時間がかかるためベストタイミングを逃してしまう場合も考えられるでしょう。

必要な客席数を確保できる店舗物件を選択

店舗物件探しでは、どれくらいの人数が一度に店舗内に入ることができるかを意識していないといけません。回転率の悪い飲食店の場合には、客席の数が収益に大きな影響を及ぼします。店舗内にお客が入りきれない場合、表に行列ができる事になるでしょう。人気の飲食店であれば行列も多少のアピール効果があるものの、お客を逃がしてしまって収益を得るチャンスを逃す事にもなりかねませんね。どの程度の来客を収容できる店舗が必要か、あらかじめ人数を決めておくと店舗が選びやすいです。

アパートの一部を用いる店舗物件は専用の駐車場が付いていることが多く、アパートの入居者を固定客にしやすい利点があります。その一方でアパートの造りによっては特定の業種が入居できないので注意が必要です。