原状回復費用算定で、もとからあった傷の請求をされたら

いつ、誰がつけた傷か

それを証明するのは、家主側の責任です。原状回復費用算定の場では、家主側は入居者のつけたものだと主張するかもしれませんが、そこで水掛け論になるようなら、続けても仕方がないので、裁判の場で違うと言いましょう。立証責任は家主側にあり、家主側はそれを十分わかっています。立証できるなら、原状回復費用算定の場でそう言うはずです。家主側も忙しいので、証拠があるのに裁判になるまでそれを出さないなんてことはしないでしょう。

入居時に室内を撮影し、送付

前の居住者がつけた傷や汚れをそのままにして次の居住者に貸し、その傷の修復費用を請求するというのはよくあることです。家主側の担当者も頻繁に変わったりしますし、扱う物件数も多いですから、すべてわかっているわけではないのでしょう。家主が個人で小規模経営なら別ですが。もとからあった傷や汚れの修復費用を請求される側としては、とんでもない事態ですので、そうならないよう、自己防衛しておきましょう。入居時に室内を撮影し、家主側に送付しておきます。

メールに添付して送付

送付方法はメール添付がいいでしょう。送信記録が残ります。別に家主側がそれを見なくても、保存していなくても構いません。その年月日に撮影したものだとわかればそれでいいのです。自分が送信済みメールとして保存しておけば十分です。それがあれば、原状回復費用算定の時間も短くて済みますし、もとからあった傷の修復請求をされてもすぐ解決できます。長く住んでいると、いつからあった傷か、入居者もわからないことがありますので、入居直後の撮影はしておきたいものです。

函館市の賃貸を上手に選びたい時には、顧客からの評判の良い不動産会社の物件情報や入居者の口コミなどに目を通すことが良いでしょう。